喜界島とトランシルヴァニアを結ぶ友情のエプロン

a0157135_1673492.jpg

昨年の秋
私は喜界島で一軒の本屋さん『銀座書店』で
一冊のハンドメイド雑誌に出会う。
そこにはコンテストの文字が、、、
私の心はすぐに動いた。
なぜなら
『誰かに送るプレゼント』が
コンテストのテーマだったからだ。
すぐに何を作るか決まった。
そう、迷う事など無かった。
a0157135_16113713.jpg

すぐに取り掛かった。
もちろん、ベースになる生地は
東欧雑貨ICIRI PICIRIで
お買い求めさせて頂いた
とびきりドキドキさせる生地だ。
a0157135_16135883.jpg

今まで何度も思った。
『絵がうまかったらな〜』
でも、考え方一つで
何もかも変わる。
お気に入りの生地に
そのまま刺繍すれば良いのだ。
柄を写すこともないし
柄が消えることもない
かんたんなステッチを
加えるだけで
最高に素敵な
まさに世界で一点だけのオリジナルの
生地になる。
a0157135_16172549.jpg

コンテストに出すのに
どこか執着心というのがあった。
今の私は胸を張って
『ハンドメイド作家』などとは
言えない。
どこかで何か認められたいという思い。。。
でも、今になり
コンテストの審査に通らなくて良かったと
思った。
a0157135_16204647.jpg

喜界島にお越し頂いた
東欧雑貨ICIRI PICIRIのオーナーの
谷崎さんに
私は、このエプロンを
一番にお見せした。
昨年の冬、出来た写真を
トランシルヴァニアに送った。
そして、
夢が叶い
喜界島に来て頂いた日に
このエプロンをつけて頂いた。
a0157135_1624274.jpg

偶然にも二人とも
エプロンが大好きだった。
そして、
いつも力を与えてもらっている気持ちを
このエプロンに私のすべてを賭けた。
そう、コンテストには
落ちたが
もっと大切なことが見えてきた。
ハンドメイド作家になることよりも
ハンドメイドを伝えて行く使命のようなものが
見えて来た。
それは、
この喜界島で谷崎さんにお会いし
そして、かっちゃんねえさんの大島紬を見たときに
痛感した。
a0157135_16291559.jpg

谷崎さんにお願いし
言葉を教わった。
そして、それを
刺繍した。
喜界島とトランシルヴァニアを結ぶ友情のエプロン
グッドタイミングで
プレゼントしてくださった
ウールの刺繍糸や
ピンクのレースのコードが
このエプロンをより一層
引き立ててくれた。
a0157135_16322782.jpg

こちらは実はエプロンの裏側。。
裏側にもこだわりたい。
着物が好きな私のこだわり。
見えない裏側にポケットをつけた。
a0157135_1634963.jpg

もし、だれかが
秘密のメモを
手渡してくれたなら
すぐにポケットに
しまえるの。
そう、誰にも気付かれずに。
そんな秘密のポケット。
a0157135_16361199.jpg

私をすべて出し切った
私のオリジナル
私そのもののエプロンで
谷崎さんへの思いを表した。
このエプロンは
私の手元に残すことにしました。
もし、個展などが出来るなら
このエプロンが答えになるからです。
a0157135_16391122.jpg

さぁ、あなたも
刺繍を始めてみませんか?
図案なんていらないのです。
もし、あなたが
迷ったなら


東欧雑貨ICIRI・PICIRI


をのぞいてください。
谷崎さんのセレクトされた
とびきりステキな生地が待っています。

さぁ、ハンドメイド
はじめましょう。
あなたの手は魔法の手。


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
←menu