着物は永遠に

a0157135_11192224.jpg

先日、親戚のおばさんから
こんな箱を頂いた
すぐに反物だと分かった
a0157135_11201730.jpg

中を開けると
何とも可愛い反物
なにやら、おばさんの娘さんが
生まれた時に頂いた反物らしく
残念ながら表面の数メートルは
虫が食っていたが
残りは大丈夫そうだ。
a0157135_11223951.jpg

昔は、お正月に
ウールの袷を羽織付きで
着ている子供たちをよく
見かけたが
今は、すっかり見なくなった。
a0157135_11253178.jpg

先日 主人の母が
京都にいる主人の弟に頼んで
可愛いウールの着物のセットを
送ってもらった
何とも可愛らしい。
主人は男三人兄弟の真ん中。
こんな風に
お正月にはこれを着て
新しい年を迎えていたのでしょう。
a0157135_11253178.jpg

羽織の裏の水色が
ドキッとするくらい素敵!
a0157135_11294770.jpg

来年のお正月は
次男がこれを着て
新しい年を迎えることでしょう。
素敵ですよね。
自分が子供の頃に着ていた
着物を我が子が着るなんて!
a0157135_11321669.jpg

そして、これは
私の姉がそれこそ、10代に
近所のおばさんに仕立ててもらった浴衣。
何とも愛らしい花!
私が着たいくらい可愛い!
私の長女に譲り受けました。
こうして、
着物は永遠に受け継がれていく。
ステキな日本の着物。

あなたも
着物始めてみませんか?
きっと、
着ることが出来た時、
手を動かして
縫いたくなるはずです。
だって、昔は
誰だって縫っていたんです。

私もお正月に向けて
次女と長女のウールの着物
作ってみようと思います。
新しい年を
迎えるために。


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
←menu