三宅一生 紙衣

1月2日の朝
NHKを見ると
こんな素敵な番組が
やっっていました。

三宅一生 東北へ
伝統を未来につなぐ旅
三宅一生の東北をめぐるクリエーションの
舞台裏に密着、創作の秘密に迫る

世界を舞台に活躍してきたデザイナー・三宅一生の原動力は、
常に「日本」でした。
刺し子や藍染めなど、日本の伝統的な素材に斬新なデザインを施しては、
世界中の賞賛を集めてきました。
特に東北の寒い気候と貧しい生活の中で培われてきた手工芸は、
三宅にとってインスピレーションの源でした。
岩手の「ホームスパン」、宮城の「白石和紙」等々は三宅の手で新たな命を吹き込まれ、
ニューヨークやパリのコレクション会場を華麗に彩りました。
しかし、その大切な産地は高齢化や近隣諸国とのコスト競争に加え、
今回の大震災で壊滅的なダメージを受けてしまいました。
この危機から立ち直る手助けをしたいと、三宅は挑戦を決意。
東北との繋がりを見直し、新たなデザインに収れんさせます。
それは、自らの創造力を触発し続けてくれた東北の伝統工芸に対する恩返しであり、
同時に日本のものづくりのパワーを次の世代に受け渡そうとする、第一人者としての模索でした。
 
http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=11w6120120102
より抜粋。

私は、ちょうど最後の方の
宮城の白石和紙のところから
見たのですが
和紙を紙衣(かみこ)と言って
着用していたようです。
白石和紙を守るおばあちゃんがおられるのですが
和紙作りの思いもすごく
それはずっと守り続けているからでしょうね。
一生さんにズバッとものを言われるんです。
紙衣というのは中に綿を入れずに
作ってほしいとか
仕事をするから袖無しの紙衣を
作ってほしいとか、、
職人だからこそ言えるんだと思います。

a0157135_22373861.jpg

こちらは1982年の和紙を使った作品
三宅一生さんは
昔から日本を意識し
日本の本当の美しさを
世界中に伝えてこられた。

そして、そんな工房がある
東北の地に起こった地震。津波。。

一生さんの思いは
また、沢山の方に通じるだろうと。。

和紙作りのおばあさんが
紙衣を着て歩いて
誰かにステキだと言われたら
型紙も作り方も教えたいと
おっしゃってました。
私も『紙衣』の型紙が欲しいな。

この年になって初めて知った
紙衣(かみこ)
和紙で作った着物を
私も着てみたいな〜

20年以上前でしょうか?
初めて行った『ISSEY MIYAKE 青山店』
息が出来ないくらい
その空間は洋服がおしゃべりしていた。
それはまるで詩でもうたうように。。。

いつまでもハンサムな三宅一生さんの
はにかむ笑顔。

あなたの洋服を
私も愛用する時期があったことを
感謝して。。。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
クリックお願いいたします。



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
←menu