「ほっ」と。キャンペーン

羽織スタイル

鹿児島へ行き
何か買おうと物色していましたが
欲しいものって
なくって
結局、自分で欲しいものは
作ろうと思った瞬間
私の中で
私のスタイルが
またまた弾けました。
そう、
羽織スタイル。
羽織が大好きなのです。
たまに外国の方が
オシャレな羽織を
洋服に羽織っておられると
『負けたな、、、』って
思っていました。
どうしても
羽織っても
羽織こなしていないのです。
だけど、
着こなせないのに
買うことも出来ず
高校のときに縫った
羽織を
島に来てから
家の中で羽織るようにしていました。

そして、
やっと、
羽織が自分の体に馴染んできたんです。

『うん、これは行けるかも』

急にやってくるんですよね、
こういった自分のスタイルの確立って。。。
a0157135_21261996.jpg


先日は東欧雑貨ICIRI PICIRIさんの
ヴィンテージファブリックで作った
黄緑色のロングゴムパンツに
この羽織を着て
ジプシーの青いスカーフを巻いて
緑のスニーカーで
中学校まで行ってきました。

高校の時は
母の見立てたこの反物が
なんとなく
おばあさんみたいで
嫌でした。
でも、今になって
愛着が出てきて
淡い花の羽裏の模様が
愛らしく
羽織の奥深さを
ぐっと噛み締めています。
そして、我ながら
よく羽織なんて縫ったな、、、って
感心しています。。


羽織、
今では需要が少なくなってきていますが
アンティークの着物を着る際には
あの長い丈の羽織は
欠くことは出来ません。

もう、楽しくなってきたので
アンティークの羽織を
どんどん探したいと思います。
ラッキーなことは
自分が背が低いこと、、、
ですから、昔の着物を
ほとんど直さずに着れるんですね。。
これはラッキーです!!

あと、
私なりの新しいスタイルの羽織を
作っていきたいと思っています。
そう、ポップで毎日が弾けるような
羽織。。
作りたいな!!


袂のある生活は
あなたを女性らしく
輝かせてくれます。

まずは
羽織から
始めませんか?
洋服にもすっと馴染む
粋なものが多いんですよ。

羽織スタイル
私は始めました。
[PR]
←menu