ラスタファリアンカラーの5連ブレスレット


今日は
この歌からご紹介したいと思っています。
Bob marley &The Wailersで
『no woman no cry」

わたしにとって
音楽って
切り離せないもの。
特にティーンになった頃から
わたしは、
自分のラジカセをお年玉で買って
ますます
音楽にのめり込んで行きます。

あらゆる音楽を聴き
その中で好きなものを
わたしの耳で
わたしの心で
わたしの体で
感じとる。

ボブ・マーリーとの出会いは
早かった。まだ、15歳か、そんな頃。
いわゆる『レゲエ』と
いうジャンルだけど
ボブ・マーリーは
それを越えていた。
ドレッドの髪に憧れたし
それにハンサムでしょ?

特にこの曲は好きだった。
レゲエっていうと夏に聴くような
そんなイメージだけど
でも、わたしは逆なの。
こうした秋の始まりに
聴きたくなる。
ボブ・マーリーの歌声。
あの頃、まだ幼かった頃を思い出す。
そんな幼いわたしに
ラスタカラーを教えてくれたのは
やっぱり、ボブ・マーリーだった。

緑と赤で黄色をはさみ
周囲は黒で、、、
その色はヒンズー語で『道』と言う意味を表していて
それぞれに意味もある。
豊かな大地に戦いで流した鮮血
黄色は輝く太陽、黒は故郷アフリカ。。。
深いことはいろいろあるけれど
でも、
この曲を聴けば
全部分かるはずよ。

そんな秋の肌寒い夜に
バブ・マーリーを聴いたら
彼を表現したくなった。
a0157135_963995.jpg

わたしの作るラスタカラー
ボブ・マーリーが
まるで隣で歌ってくれているよう。
a0157135_973018.jpg

大人のラスタファリアンカラー

ブレスレットの始まりと終わりは
黒で
その中には輝くばかりの
赤と緑で
黄色だけは一種類にしたことが
ポイント

きっと、
だれもラスタカラーだって
気がつかないはず。
a0157135_99591.jpg

だけど、
もし、
『これ、ラスタファリアンカラーだよね』
そんな風に声をかけてもらったら
きっと、その人は
ボブ・マーリーかもしれない。
揺れるドレッドに
綺麗な横顔
きっと、その人を好きになるわ。

『ねぇ、ボブ・マーリーの曲を知っている?」

そんな恋がきっと始まる。

5連のブレスレット
勢揃いしました。
秋の夜の風に乗せて
この曲に思いを馳せながら、、、
[PR]
by ogawaito | 2012-10-20 09:15 | 新作
←menu