ソテツの葉を編みましょう

a0157135_2327438.jpg


今日は
小学一年生の娘のクラスで
郷土の自然を使った遊びと題して
公開授業のようなものがありました。
ふだんは、
なかなか参加出来ないのですが
今回は
少し前に娘が持ち帰った
ソテツの葉を見て
どうしても参加したくて
行ってきました。

a0157135_23282055.jpg

わたしが娘に見せてもらっていたのは
こんな風に編まれた
ソテツの葉の
すでに枯れたものでした。
『どうなってるの?!』
『教えてもらえるよ!』

わたしは、知りたくて
ウズウズ。。。
a0157135_23302975.jpg

早速、授業が始まりますが
こちらは
同級生のおじいさんとおばあさんが
講師になって
目の前で編んでいってくださいます。
みんな必死ですが
とりわけ、わたしが一番必死でした、、、
a0157135_23333324.jpg

娘も編むのですが
となりでソテツの実で笛を作っているのが気になって
走っていきます。
a0157135_23343895.jpg

こちらの女の子は
ひたすら
直線の部分のソテツを足して
どんどん長く編んでいきます。
a0157135_23353956.jpg

おばあさんが
編まれたものは
柔らかな手さばきで
あっという間に
仕上がります。
a0157135_23363839.jpg

横から見ると
徐々に長さがついて
角度を持たせています。

おじいさんが
『ネズミの巣と言うんだよ』
と教えてくれました。
実際にこれで虫などを穫って
入れたのですか?と
聞いてみましたが
そういったことはなく
ただ、みんなで編んでいたそうです。

実際、自分が編んで分かります。
編んでいるだけなのに
楽しいし
また、もう一回
編みたいと思ってしまうんです。
a0157135_23394929.jpg

と、いうわけで
おじいさんが編まれるのを
見に行き
教えてもらいます。
軸になる縦のソテツを二本決めたら
その両サイドを
順に編み込んでいくのですが
わたしは、どうしても
手がきつくなってしまいます。

a0157135_23423513.jpg

何度もおばあさんの編まれている手を
目で盗みながら
わたしも見習って編んでいきます。
a0157135_234428.jpg

なんとか、完成。

真ん中のは
ゆるさを強調しすぎですね、、、
縦のソテツを増やして
長く編んでみましたが
コツが要りますね。
わたしは
きつめに編む方が
向いているみたいです。
a0157135_23461261.jpg

最後は
ソテツの葉で
手裏剣を
教えてもらいました。

見た目は単純だけど
すぐに忘れそう、、、



こうしたものって
子供の時に知っておくと
決して忘れないのですよね、、、

故郷の自然が教えてくれる
大事なこと、、、
わたしも
島の自然で遊ぶことを教えてもらい
楽しい時間を過ごせることが出来ました。

いつか、一緒に
ソテツの葉を編みましょうね。
不思議なくらい
編み続けると思いますよ!
[PR]
←menu