「ほっ」と。キャンペーン

シャンプー

昨日、十年ぶりくらいだろうか。
お店で
髪を切ってもらいました。

長い間
育児に追われ
自分の髪など
どうでも良くて
お風呂に入っても
いまだに
下の子達は
頭を洗ってあげないと
なぜか、島は
シラミが多いのか
すぐにもらってきてしまいます。
だから、子供たちの
頭を洗うから
もう、自分の頭を洗うときは
洗えた感があり
ざっくりしか洗ってない。

昨日、
シャンプー台で
久しぶりに横になり
髪を流してもらい
あまりの長さに
「これって普通?サービス?」
と聞いてしまった。

髪を切りに行く

って
大切だな。
女の人には。

そこには
全部の優しさが
つまっています。

お湯加減は大丈夫ですか?
かゆいところはないですか?
寒くないですか?
ひざかけはどうですか?

髪を切り終えたら
わたしの中の
余計なものまで
切り落としてもらえた
気になりました。


ありがとう。


ホテルに着いて
シャワーをしたが
シャンプーの香りが
まだしていたから
髪はそのままにした。

自分の髪じゃないくらい
サラサラしていた。


シャンプー。
面倒だった子供たちの
シャンプーが
これからは
楽しく思える夜でした。
[PR]
←menu