510はメッセージ

四泊五日の京都の旅。
とうとう、
帰る朝を迎えました。

今回は
成果を出すための
一人旅でしたから
毎日、どれだけ
歩いたことでしょう。
同じところを
何度も往復し
全身が筋肉痛。
足は真っ赤に
腫れています。

だけど
それこそ、
自分が頑張った
勲章みたいに
喜んでいます。

こんなわたしを
支え、励まし
心の力になってくれた
友に
わたしは感謝で
いっぱいです。

本当は
会った瞬間、
泣いてしまうと
思ってました。
泣いて
泣いて
泣いてしまいたいと
思っていました。

だけど
到着した日から
わたしには
笑顔しか
ありませんでした。


こんなに頼れる人は
いない。
こんなに大好きな人は
いない。

ありがとう。
ありがとう。
何度言っても足りない。
何回だって言いたい!
ありがとう。
ありがとう。

本当に
友であり
家族だと
感じています。

本当にありがとうございました。


そして
旅の間も
Facebookでは
ブログやハンドメイドショップを
きっかけに出会えた
お顔も知らない
お友だちに支えていただきました。
みなさまの
いいね!や
コメント、
離れているのに
同じものを好きになり
共有したり
笑いあえる喜びは
わたしに
いつもみなぎる元気を
与えてくれました。
みなさまにも感謝です。

そして
このブログに
来てくださっている
みなさまにも
感謝でいっぱいです。

どれだけ
励まされたか分かりません。

みなさま
本当にありがとうございました。


また、
わたしは
このさき
大きなステップを
踏むことになるでしょう。

そのときは
みなさまとの
ご縁を誇りに
わたしは
前を向いて
進んで行くことができます。

本当に
みなさま
ありがとうございます。
これからも
どうぞ
よろしくお願い致します。
a0157135_640518.jpg

早くに目覚め
カプセルホテルの
カプセル前にある
自分のナンバーを見て
あ!
っと
言ってしまいました。

510

亡き母の誕生日です。
5月10日。

わたしは
ガッツポーズをしました。
京都最後の朝に
亡き母に
会えた気がしました。

もう、大丈夫だよ。

母の声が聞こえます。
25年も前に亡くなった
母の声が
蘇るように
聞こえました。。


わたしは
新しい次のステージの
鍵を手に入れたんです。

また、
それは
近々、ご紹介させていただきますが、、、、


510はメッセージ。
わたしは
京都の旅で
たくさんのメッセージを
心に受けました。

頑張るしかありません!



最後に
わたしが一人旅が
できたのも
子供たちを見てくださった
お義母さんが
いてくださったからです。

本当に
たくさんの支えを
ありがとうございました。



今日、わたしが
島に到着するのは
15:05予定。

早く島で待つ
子供たちに会いたい。
抱きしめたい。
いっぱいお話したいです。


友よ。
また、会う日まで。

待っていてね。

頑張ります!

そして
ほんまにありがとう!
[PR]
by ogawaito | 2014-03-08 05:36
←menu