「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お気に入り( 59 )

a0157135_1211462.jpg

引越をして、そこの倉庫で
こんなアンティークな缶を発見!
a0157135_123402.jpg


しかも、
かとりせんこうの缶で
ライオン!
くるくる巻いたせんこうに
LIONの文字が、、、
実物もあるのかしら?
中をふると
音がするので
開けてみました。
a0157135_12414996.jpg

なんと!
開けてビックリ!
思わず声を出しました。
『大島紬の糸よ』
a0157135_12424876.jpg

私は嬉しくなって
中から糸を取り出し
光が当たった時の
美しい発色の
絹糸に
何度も声を出しました。
『キレイ〜』
この糸が模様を生み出すなんて
信じられません!!
a0157135_12442723.jpg

缶の中には
糸の巻いていない
糸巻き棒も
何本かあって
小さくお名前も書いてあった。
大家さんのおじさんとおばさんが
住まわれていたお家だから
きっと、今は空の上から
見ておられる事でしょう。

『この缶と糸、大事に残しておきますね』

空に向かって想いを込めた。。
きっと、
この糸巻き棒は
何度も何度も使われ
奄美大島(群島)を代表する
大島紬を作ってきた事だろう。

もしかして、
あなたのお母様やおばあさまが
桐の箪笥の中に大事に
しまわれている
大島紬は
この糸巻き棒から
生まれたかも知れないですね。。
a0157135_12545971.jpg


そんな想いを込めて
缶のふたを閉じた。

ふと気になって
見てみると
側面に
ライオンさんが。。

どうぞ、これからも末永く
よろしくね。

アンティークの缶に
美しい宝物を
見つけた今年の始まりでした。




ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
クロスステッチ
はじめませんか?
a0157135_15395512.jpg


単純に×を組み合せる事によって
ステキな模様が
出来上がる。
a0157135_15403291.jpg


私は、ちょっと、
麻100%の縦糸も横糸も
太さがまちまちの織りの
生地を使用していますが
生地の名前だけでも
楽しくなってしまうんですよ。

麻や綿の平織りから
アイーダ
ジャバクロス
オックスフォード、、、
最初は
こういったもので
刺し始めると
目数を数えるのも
楽だし
間違いもすぐに気が付きます。
a0157135_15514515.jpg

縦に必要目数を
×の一方だけを刺し
あとは
下へおりてきたら
もう、×××の出来上がり。

もうすぐ春。

クロスステッチ
はじめましょう!




ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_11535569.jpg

レトロな手芸本を探して
オークションで落札するのが
大好きな私。。
でも,家族も多いので
メール便の送料も含めて
500円以内でゲットするのも
楽しみなんです。
これも180円くらいで落札。
私、レース編みが大好き!
しかも、
ショールに手袋、バッグ!!
レース編みで編みたい三大要素がメインの本!
この表紙しか載っていたなかったんで
一か八かで落札したら
とってもステキな内容でした!
a0157135_11571492.jpg

次、会ったとき
こんなステキな手袋をしていたら
編んだと思ってくださいね。

しかし、昭和の手芸本は
オシャレです。
カメラマンもモデルも
白黒なのに
ドキッとさせられますもの。
35年も昔の本なのに
今のファッション雑誌より
魅力的なものばかり。
切り抜いて額に飾っても
素敵よね。
a0157135_11585542.jpg

あ〜本当はショップで
レース編みのものも
販売したいんです。
高校の時
手芸の先生に教わった
ビーズ編み。。
レース糸に糸通しビーズを通して
小さな小銭入れを編むんですが
あれは最高に小さなジュエリーだと思う。
こちらのバッグも
ビーズ編み。
手袋もスパンコールが
編まれていて
ステキです!
a0157135_12478.jpg

あ〜白黒だけど
想像力をかきたてられますよね!
ちなみに
こういったバッグの金具が
少ないのもなかなか
ネックです。

あ〜体が
いや、手がいくつあっても
足りないくらい
したいことがいっぱいです!

とにかく、
きんちゃくの刺繍
今日で終わりそうなんで
がんばります〜〜




ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
オシャレは
足元からって
よく言います。

若い時は
どこのショップへ行っても
足元をついつい
見ていました。

もちろん、
今も足元って
見ちゃいます。
でも、実は私、、、
帽子がダイスキなんです。
a0157135_12441869.jpg

頭にスカーフを巻くのも
大好きだし
足元だけでなく
頭も(笑)お粧ししています。

大好きなフクシアみたいな
ピンク色の帽子を見つけて
買ったときは
『島では暑いから、かぶらないよ』
と言われましたが
年末からの寒さで
お出ましです!

こうなると
帽子好きが始まって
真っ赤な毛足の長いモヘアで
ベレーを編んで

アトリエでも御紹介しています
こちらのフェルトの
大きな赤い花をベレーにつけて
かぶっていたことを
思い出しました!

なんだか
むずむずしてきました。
引っ越し前に
毛糸を出して
久しぶりに
ベレーを編もうかな?
お店でもかぶれるように
毛足のでないもので、、、


自分で
何かを作ろうと
思う時
最高に
キラキラしているような気がします。

さぁ、
ハンドメイド始めましょう!





ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
今年のお正月、ゼッタイに着物を着ようと思っていたのだが
寒さと体調をこわして断念。。。
でも、いつでも着れるんだから
引っ越したら、一日着物を着ていても良いな〜と
思っています。

さて、昨年
マイハズバンドが子供の時に
着ていたウールの着物を
次男に着せようとしたら
『ぜったいにコレは着ない!』
と言い張るので
次女がかろうじてサイズが合うので
羽織だけ着て
新年のご挨拶に伺った。

それをみた親戚のおばさんが
これ使うかしら?と
私に手渡してくださった。
a0157135_12552597.jpg

大好きなモスリンである。
しかも、
なんとも美しい発色!
そして、
日本製とは思えないプリント!
a0157135_12591682.jpg

星に月かしら?
小さな花が
まるで花火みたい。
私たちの子供の頃って
スペーシーなものが多くて
宇宙への憧れが強くて
UFOのワッペンなんかも
多かったですね。

これ、モスリンって
毛織物で
薄手なんです。
長襦袢や洋服にも
仕立てていました。
でも、毛織物。。。
美味しいから虫もよく知っていて
虫食いによくあっていました。。
今ではみられることが
なくなったのが
残念なんです。。。
a0157135_134916.jpg

こんな生地が
今でも売っていたら
私ゼッタイに買っちゃいます。

こどもたちの服を
作ろうかなって
思います。
きっと、おばさんも
喜んでくださるんじゃないかな?
ずっと大事に大事に
残してくださっていた生地は
あたしの手元に。。。
そして、
洋服に姿を変えて、、、

モスリン
私の大好きな生地。
お正月から
私もステキなお年玉を
頂いた気分でした!



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_1272449.jpg

イーラーショシュとの戦いを
胸に
アーチの部分は途中で終わり
やはり、基本は
真っすぐなラインだと
刺し始めると!!!!
『分かった!』
そう、すぐに
コツが分かりました!
ここで、糸がもったいないので
真っすぐなラインも
刺し終わり
イーラーショシュの
図案をひとつ
フリーハンドで
書いて刺しはじめます。
a0157135_12185575.jpg

針で刺しているカーブの部分が
上手に刺せるようになりました。
均等に糸を引っ張るコツが
分かったのです。
ふぅ〜〜
これで安心して
チュニックのクロスに
戻れます。。。
が、現物を見たことの無い私には
本当にコレで合ってるのかしら?
と不安も残りますが
でも、
刺繍って
本当に楽しい。

自分で無地の生地に
花を咲かせることが出来るんですもの。

さぁ、ハンドメイド
始めましょう。


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_11183391.jpg

どこへ行くのも
一緒。。。

刺しゅうを持って
どこへでも行きます
どこででも
刺します。

今日は
スギラビーチの
モンパノキの下で。。。

あなたも
通勤のバッグや
お出かけのバッグに
手仕事を入れてみませんか?

編み物
刺しゅう
楽しくなりますよ。


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_12444031.jpg

先日の東京カワイイの
ストラップが届き
なんとなく、やっぱり嬉しい。


今ね、ルーマニアのブラウスの
構想を練っています。
刺しゅうをどうするべきか
色は、、、
やはり、私流に
ミックスしたい。

赤を基調に、、、、



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_11192224.jpg

先日、親戚のおばさんから
こんな箱を頂いた
すぐに反物だと分かった
a0157135_11201730.jpg

中を開けると
何とも可愛い反物
なにやら、おばさんの娘さんが
生まれた時に頂いた反物らしく
残念ながら表面の数メートルは
虫が食っていたが
残りは大丈夫そうだ。
a0157135_11223951.jpg

昔は、お正月に
ウールの袷を羽織付きで
着ている子供たちをよく
見かけたが
今は、すっかり見なくなった。
a0157135_11253178.jpg

先日 主人の母が
京都にいる主人の弟に頼んで
可愛いウールの着物のセットを
送ってもらった
何とも可愛らしい。
主人は男三人兄弟の真ん中。
こんな風に
お正月にはこれを着て
新しい年を迎えていたのでしょう。
a0157135_11253178.jpg

羽織の裏の水色が
ドキッとするくらい素敵!
a0157135_11294770.jpg

来年のお正月は
次男がこれを着て
新しい年を迎えることでしょう。
素敵ですよね。
自分が子供の頃に着ていた
着物を我が子が着るなんて!
a0157135_11321669.jpg

そして、これは
私の姉がそれこそ、10代に
近所のおばさんに仕立ててもらった浴衣。
何とも愛らしい花!
私が着たいくらい可愛い!
私の長女に譲り受けました。
こうして、
着物は永遠に受け継がれていく。
ステキな日本の着物。

あなたも
着物始めてみませんか?
きっと、
着ることが出来た時、
手を動かして
縫いたくなるはずです。
だって、昔は
誰だって縫っていたんです。

私もお正月に向けて
次女と長女のウールの着物
作ってみようと思います。
新しい年を
迎えるために。


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
←menu