カテゴリ:東欧雑貨iciri piciri( 16 )

a0157135_943100.jpg

ヴィンテージファブリックの
ドキッとする瞬間って
やっぱり、花柄にあると思うの。
繊細なものから
単純なものまで
こんなにドキッとする花柄は
ヴィンテージファブリックにしかないと
言えるわね。
東欧雑貨ICIRI PICIRIさんの
こんな可愛い花柄!
あなた見たことある?!
a0157135_961899.jpg

まるで、子供がクレヨンで描いたみたいな
大きな丸いお花は
あなたに元気を与えてくれます。
a0157135_962521.jpg

ヴィンテージファブリックって
どれも貴重。だから、
わたしはもったいなから
端からしか裁断はしないの。
バッグに合わせて中央にあるその柄だけを
カットしたりしない。
出来るだけ、生地を端から使い
次の裁断が大きく出来るように考えているの。
だけどね、ヴィンテージファブリックの秘密はそこなの。。
どこを切っても
素敵なの。
まるで金太郎あめみたい!!って
一人で笑っちゃった。
だって、本当にヴィンテージファブリックって
どこを切ってもヴィンテージファブリックで
可愛いんだもの。

a0157135_991443.jpg

ね!
どちらもカワイイでしょ?

次回、更新でショップに並びます。

お楽しみに。





にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
クリックお願いいたします。
[PR]
新しいハンドバッグのデザインが出来たら
やっぱり、
とびきり可愛い
あのヴィンテージファブリックが
使いたくなります。
a0157135_11141122.jpg

東欧雑貨ICIRI PICIRIさんの
とってもドキッとする
素敵なヴィンテージファブリックは
今までわたしにどれだけの
影響を与えてくれたか分かりません。

a0157135_11152261.jpg

見て!
野いちごに野いちごのお花かしら?
まるで東欧の森に迷い込んだような
可愛いプリントです。
a0157135_11172039.jpg


バッグのB面には
あえて、ボーダーを
合わせてみたの。
この生地をより一層
引き立ててくれた気がするわ。
a0157135_11175874.jpg

持ち手の赤いリネンも
トランシルヴァニアから届いたものなんですよ。
こちらのリネンにはない発色!
丸みを帯びているのは
中に純毛の毛糸を120本も
入れているから!!
柔らかな手触りが
最高なんです。
a0157135_1119378.jpg

とても貴重なヴィンテージファブリックを
使用した『ハンドバッグ』には
もちろん東欧雑貨ICIRI PICIRIシリーズも
勢揃いします。

どうぞ、お楽しみに!!


ちなみに今日は
2つ記事を書いております。
合わせて、お読みください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
クリックお願いいたします。
[PR]
a0157135_13451238.jpg


ヴィンテージファブリックの魅力に
引き込まれたら
もう
ストップのレバーは
効かなくなってしまう
a0157135_1345569.jpg


だって
その大胆な柄や色は
一点物
時には色褪せたり
長年の染みや
傷もあるけれど
それが愛おしくて
たまらない。

そんな思いになってしまった
あなたに
おすすめなのが
このmarumaru
a0157135_13472297.jpg



ヴィンテージファブリックや
ヨーロッパやアメリカの古着に
慣れた人なら
ゼッタイにオススメです。
だって、
もう胸がドキドキしてるはず。
a0157135_13485197.jpg


実際の色より
画像の方が色鮮やかに映っています。
本物の方が少し
色褪せて
まさにヴィンテージ感がたっぷり。。。

だけど、
わたしは
このプリントが大好きだった。
恋したの。
だから、命を新たに
吹き込みたくって
1モチーフ全部に
刺繍を加えたの。
a0157135_13502790.jpg


それは楽しい刺繍の時間だった。
まるで恋人と
カフェでお話ししてるみたいな。。。
そんな時間だった。
a0157135_13515518.jpg


反対側も贅沢に
刺繍を入れたの。
よ〜く見て。
さっきと刺繍の色のグラデーションが
逆なのよ。
a0157135_135358.jpg


ロング&ショートという
私の大好きなステッチ。
少し色褪せたヴィンテージファブリックが
息をし出したの。
ドクドクと鼓動が聞こえる。
a0157135_1354301.jpg


生地のよれた感じも
わたしには
愛おしかった。
a0157135_13551732.jpg


仕上がったとき
胸が踊り出した。
a0157135_13562026.jpg


私の手より大きな大きな刺繍は
ヴィンテージファブリックを
うめ尽くした。
a0157135_13565132.jpg


肩にかけたら
きっと
だれかに
引き止められるんじゃないかしら?
a0157135_13573837.jpg


『ねぇ、どこかへ行かない?』
a0157135_13575758.jpg


『えぇ、まずは話さない?』
a0157135_13584212.jpg


胸をときめかす
ヴィンテージファブリックと
とびきりの刺繍を入れた
marumaruは
9月中旬にショップに並びます。

なお、このmarumaruは
ヴィンテージファブリックを初めて
お買い求めになる方には
色褪せた感じが気になるかもしれません。
味わいのあるヴィンテージファブリックを
こよなく愛しく思っている方に
おすすめいたします。
a0157135_13593965.jpg


喜界島発ハンドメイドショップ


twelveseventeen



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
7/30 から8/2まで
東欧雑貨ICIRI PICIRIと
FOLK ART Transylvaniaの
二つのショップのオーナーで
おられる谷崎さんが
東京と大阪の展示会を
大盛況で終わられ
私の暮らす喜界島へ
お母様と息子さんとご一緒に
遊びにきてくださいました。
a0157135_12594776.jpg

谷崎さんが着用されているブラウスは
私が作らせていただいたもの。
直線裁ちのブラウスに
カロチャの花を家紋のように
刺繍したもの。
そして、お持ちのバッグも
[twelveseventeen]として
活動する前のタグをつけたバッグをお持ちくださいました。
昨日は私も定休日だったので
最後の一日をご一緒させていただき
鳥の山公園や
グローリー牧場
志戸桶の秘密の海に
志戸桶の94才のおばあさんが織られる
機工場にも
お連れする事が出来ました。
また、その機工場での
お話もどうぞ
お楽しみにください。

そして、私のアトリエこと工場にも
一番に来ていただきたかったお客様でもあったので
本当にスペシャルな
夢のような時間を
いただきました。

パワーをいっぱい頂戴し
今朝から早速、裁断しておいた
こころのcandyを
出勤前に10枚くらい縫ってきました。
お待ちのお客様、週末にはアップ出来るように
頑張りますので
今しばらくお待ちくださいませ。


さぁ、twelveseventeen
新たにスタートします!
[PR]
お話ししておりました
谷崎聖子さんの
トランシルヴァニア 手芸の旅へ展
大阪梅田シロツメ舎さんでの
展示が最終日を迎えます。
大阪ということもあり
おともだちや
姉夫婦などが
訪れたよと
メールをくれて
本当に嬉しく思っております。

a0157135_12143065.jpg

お友だちの送ってくれた
写メールで
シロツメ舎さんの
外観を見ましたが
なんだか、昭和を思い出させる
ステキなお店。
昔のタバコ屋さんをそのまま改装されたとか、、、

また京都へ帰ったら
大阪に行き
ぜひ、のぞいてみたいお店です。

さぁ、最終日です。
まだの方は
ぜひ、急いで!急いで!

こちらの玄関が
あなたを待っています。





ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
本日、とうとうあの日がやってきました。
東京でも大盛況だった
トランシルヴァニア手芸の旅へ展が
大阪梅田の


シロツメ舎さん


7/22〜7/25まで開催されます。

a0157135_12324090.jpg


ルーマニアのトランシルヴァニア在住の
谷崎聖子さんが収集された
美しい刺繍の数々。
彼女でなければ
この展示会は生まれなかったのではないでしょうか。
こよなく手仕事を愛し
それを表現する文章も
兼ね備えた彼女。
実は私より10才も年下。
だけど、いつも10才も老けさせてしまうほど
頼ってしまうステキな一児の母。

そんな谷崎さんから
シロツメ舎さんの展示会が決まった時に
お話を頂戴しました。
正直、申し訳ないという思いがあって
メールをいただいても
お返事が出来ないと言うか、
安易にお願いなどできないほど
トランシルヴァニアから運ばれる
宝物がどれだけ貴重なものか
知っていたからです。
なぜなら、私も
刺しゅうを愛するからです。

その伝統と彼女の苦労して
収集した姿を
まぶたの奥で見ていましたものですから
その中へ
色を変えるものが並ぶのは
抵抗があったのです。

でも、何度かお誘いくださり
ご厚意に甘えて
しまったのです。

そこから、ブログを御覧になってくださっている
みなさまには、私の行動がどういうものだったか
もう、お話しすることもないでしょう。

全神経を注ぎました。
私の手から出る愛情を全て
形に変えました。
それが
きっと通じるだろうと。。。

全ての荷物を送り終えたときは
実際の体重は減りませんでしたが(笑)
体が半分になった様な気がしました。
きっと、本当に自分自身の作品を
産み出したのだと
気付きました。

そして、沢山の展示があるのにも関わらず
私の展示までお願いしました。

本当に感謝の気持ちで
いっぱいです。
谷崎さん。
本当に光栄な機会を与えてくださったこと
ここに感謝致します。
そして、
シロツメ舎の方々
谷崎さんのお母様
本当にありがとうございました。

ステキな展示会は
始まろうとしています。


大阪の展示会が始まります。


昭和の香りを漂わせる町並みに
靴を脱いであがってもらうスタイルの
ステキな空間に
極上の刺繍と写真と文章が
あなたの目に
感動と興奮を与えてくれることでしょう。


なお、今日は
このブログ以外に
二つ書いております。
このまま下へダウンして頂き
カロチャの地下足袋と
7枚の漢字バッグも
読んで頂けたらと
思います。

[PR]
現在、


東欧雑貨ICIRI PICIRI



FOLK ART Transylvania


二つのショップのオーナーでもおられる
谷崎聖子さんの
『トランシルヴァニア 手芸の旅へ』展が


art-bookshop&cafe


神保町店で7/18(月)まで
開催中です。
たくさんのお客様が来られているようで
私までワクワクしています。

そして、
7/22〜7/25には大阪梅田の


シロツメ舎


さんでの『トランシルヴァニア手芸の旅へ』展の
展示会で私の作品も
展示して頂ける事になっていて
今日まで頑張ってきました!

a0157135_11435556.jpg

ステキな展示会のお邪魔にならないように
誠意いっぱい!頑張ってきました。

どうぞ、極上のトランシルヴァニアから
運ばれたステキな刺繍と写真と文章と
共に同じ空間で
出会えますように。


そして、ショップのお客様には
メールを頂戴したり
私を気遣い
返事はいらないですと
みなさま書いてくださって
本当に嬉しかったです。
子育てのはなし、
そして、笑っちゃうネコの写真を
送ってくださったり
喜界島ですごい繋がりがあったり!!!

沢山の方に
感謝して。。。


では、また明日。


今日もステキな一日をどうぞ。



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_1364560.jpg


FOLK ART Transylvania

さんで
お買い求めした図案や手芸の本が
沢山集まってきて
眺めてはニヤニヤ。
もちろん、刺繍の図案に使ったりして
ワクワク。

a0157135_1371582.jpg

昔から外国の本の表紙には
憧れがあります。
色合い、デザイン、レタリング、、、
見ているだけで
手芸が楽しくなる様な
気分にさせてくれます。
a0157135_1310118.jpg

こんなドキッとする様な図案の本、、
残念ながら今の日本にはないです。。。
あるとすれば
昭和の時代の手芸本。
勝るとも劣らず、、、

そんな私に一冊の
本が届きました。
すごく貴重な
こんなにステキな図案の本は
ないのです。
a0157135_13144260.jpg

それがこちら。


東欧雑貨ICIRI PICIRI



FOLK ART Transylvania


二つのショップのオーナーでもおられる
谷崎聖子さんの
『トランシルヴァニア 手芸の旅へ』展が


art-bookshop&cafe


神保町店で昨日から7/18(月)まで
開催されていますが
そちらで販売されている
図案集なんです。
谷崎聖子さんのご主人様の
お父様が書かれた本を
谷崎さんが翻訳されたんです。
残念ながら、ご主人のお父様は
すでに他界をされておられるのですが
きっと、空から
喜びの声を出して応援されていると
思うのです。
息子のお嫁さんが谷崎さんでなければ、
この本は遠い異国へ日本語訳として
日本の手芸愛好家のみなさんの手に
届くことは無かったでしょう。

a0157135_13202813.jpg


中身は私の宝物なんで
お見せ出来ませんが
約300におよぶ図案は
どれもこれもがチャーミングで
これほど、心を鷲掴みにされた
図案集はないです。
長い人生でたくさんの図案集を見てきましたが
全部を刺しゅうしたくなる本って
意外に無いのです。

ぜひ、あなたもこのステキな
図案集を
あなたの大切な一冊にされませんか?

上記の展示会
もしくは
7/22〜7/25に大阪梅田の


シロツメ舎

さんでの
展示会でもご覧ください。

とびきりの図案は
きっと
あなたの手に魔法をかけてくれます。


さぁ、あなたも刺繍をはじめましょう。





ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_11395332.jpg


本日、七夕の7/7に
私の大好きなお店


東欧雑貨ICIRI PICIRI



FOLK ART Transylvania


二つのショップのオーナーでもおられる
谷崎聖子さんの
『トランシルヴァニア 手芸の旅へ』展が


art-bookshop&cafe


神保町店で7/18(月)まで
開催されます!
神保町店のブログを拝見すると
展示会の準備されているお写真が載っていて
見ているだけでも
走り出して行きたくなりました。
ぜひ、東京近郊にお住まいの方は
いらしてください。
谷崎さんだからこそ出来る
素晴らしい展示会です。

展示会には足を運ぶ事が出来ない私に
昨日、日本へ旅立つ前に
トランシルヴァニアから発送してくださった
イーラーショシュのキットが
私の元に届きました!

a0157135_1145549.jpg


3種類あったのですが
迷うことなく
全種類2色ずつ
お買い求めさせて頂きました。
a0157135_1144262.jpg

あ〜どれもこれも
今すぐトライしたい〜
仕上がったら
何に仕上げるかも
考えただけでハイテンションになります。
a0157135_1144678.jpg

7/10と7/17には
このイーラーショシュの
ワークショップが行なわれるそうですが
すでに定員はいっぱいになったようです。
すてきな谷崎さんに
本物のイーラーショシュを教えて頂けるなんて
こんな機会はありませんから。
あ〜私も喜界島から
飛んで行きたい〜〜〜
ですが、、、
先日、


アトリエ訪問


でもお話しさせて頂いたのですが
7/22〜7/25に大阪梅田の


シロツメ舎


さんでの『トランシルヴァニア手芸の旅へ』展の
展示会で私の作品も展示して頂けるというお話を頂戴し、
極上の刺しゅうやお写真のお邪魔にならないように
誠心誠意、真心込めて手を動かしています。
こちらのシロツメ舎さんでは
先着6名様で手芸の時間と題した
イーラーショシュの手ほどきが受けれるようです。
大阪近郊にお住まいの方はチャンスですよ!


a0157135_1235181.jpg

私にとっても
今年の七夕は忘れる事の出来ない
一日の始まりになりそうです。

まずは今日から開催の
トランシルヴァニア手芸の旅へ、、、
極上の刺しゅうと写真、言葉でつづる
手芸の旅の扉をノックしましょう。







ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
自然が作り出す美には
わたしたち人間は
どんなに頑張っても
勝つことは出来ないだろう。。
a0157135_11291022.jpg


もし、
わたしたちが
自然と対等になれるとしたら
それは
手仕事
a0157135_12111479.jpg


細い細い生糸を
機で織り
一枚の生地に仕立て
時には描き
時には刺繍をし
時には染める。
その美しい自然に勝てるのは
私たちの手。
a0157135_12113919.jpg


私たちの手が
動けば
きっと
思いはつながり
極上のものが仕上がる。
本物のもつ美しさ。
a0157135_12443046.jpg

ほら!
この手仕事は
いつか
私にだって出来る
a0157135_12554757.jpg


真っ白な何もない生地に
幸せの鳥がやってくる。
あなたの手で出来る

本物の上質な出会いは
ここから。。。
この扉を開けてください。
きっと、
あなたも
手を動かしたくなる。
自然が嫉妬するくらいの
あなたの手
そして
わたしの手を信じて。。。







『トランシルヴァニア 手芸の旅へ』


コチラの扉をどうぞ
お開けになってください。
詳しい日時、展示会場所が明記されております。

[PR]
←menu