<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

バッグを作るとき、型紙が作れない、、、
そんなお悩みってあると思うんです。
いえいえ、型紙って
家の中の意外な所にあるもんなんですよ。
ちょっと変わったサイズの本や
新聞に入っている広告
実は、そういうのが使いやすいサイズなんですね。
私が『レコードバッグ』作るのは
レコードが好きなのと
そのサイズの便利さなんですね。
a0157135_16442630.jpg

三種類の生地を用意します
手前の二つは
いつもお世話になっている
東欧雑貨ICIRI PICIRIさんの
ドキドキするヴィンテージファブリック
33センチ角の型紙を作り
四方1㎝の縫い代を付けて
裁ちます。
持ち手は5㎝×50㎝の断ち切りを二枚。
a0157135_18214664.jpg

表地は二枚を接ぎ合わせますが
裏地は底を輪にして
裁ちます。
このとき,バッグの上になる部分のみ
縫い代は2.5㎝あるといいでしょう。
a0157135_18232032.jpg

表地の生地二枚を底で縫い
裏地は両脇だけ縫い
外表にして生地を合わせたら
もう終盤です。
バッグの表地の上を
アイロンでしっかり折ったら
裏地を少し見せるのが
私流。。。
色味が出ることにより
三枚の生地がミックスされます。
a0157135_18253216.jpg

持ち手を四つ折りにし
ステッチをかけたら
両脇の合わさった所から
10センチの所に持ち手を挟み込みます。
両サイド同じように。
a0157135_1827237.jpg

待ち針が打てたら
一度、バッグを持つように
持って見ましょう。
意外に寸法通りに挟み込んでも
実際持つ感じをここで確かめてみましょう。
a0157135_1835779.jpg

あとは、2本ミシンステッチをかければ
出来上がりです。
a0157135_1835447.jpg

この生地、どこかで見たことあるでしょ?
そう、あのバッグと同じですよ。

同じ生地の組み合わせでも
全く違う印象に。
a0157135_1933148.jpg

単純なバッグも
生地を変えることによって
個性的なバッグに変身。
a0157135_19341088.jpg

表と裏が違う
まるでレコードの
A面とB面のよう。

今回御紹介した
ヴィンテージ生地は
遠くルーマニアのトランシルヴァニアから
運ばれてきます。
例えば、
ちいさな20センチ角のテーブルクロスなども
こんな風にバッグの表面に使えば
また、楽しいリメイクに。


東欧雑貨ICIRI PICIRIへジャンプ!



型紙なんていらない。
そこにあるものを使えば
意外にお気に入りの寸法だったりするんです。

さぁ、あなたも
ハンドメイド始めましょう。
楽しいことがいっぱい待っていますよ。



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_18552642.jpg

やっと5個の漢字を刺しゅうし終わりました
あと、2個。。
私の場合、ハンドメイドだけをしているのではないので
なかなか進みませんが
頭の中は
常に先を考えています。
個展に向けてもですが
自分自身のショップのことも、、、
ずっと、手をつけることが出来ないので
悩んでいました、、、
でも、強い味方が登場です。
私の七つ年上の姉です。
日本刺繍の職人でもある姉になら
私のバッグの縫製を
お願いすることが出来る。
他の人には無理です。。
ですので、秋の初めには
少しずつショップ用の商品も
出来上がるかもしれません。
姉にも他の仕事があります。
負担のないように。。。
もちろん、お値段も今までのような感じです。
marumaruなら
¥3,900〜¥4,900
生地によって、お値段が変わります。
さぁ、あと2個の漢字を刺しゅうしたら
個展のメインに
ルーマニアの美しいブラウスから
刺激を受けた
私らしい刺しゅうのブラウスの
デザインを考えようと
思っています。
久しぶりの仮縫いなんてのも
してみたいと思っています。
直線から生まれる美しいブラウス。
いや、まだまだやりたいことはいっぱい。
頑張ります。
[PR]
by ogawaito | 2010-07-24 19:06 | わたし
a0157135_18595136.jpg

私の暮らす喜界島では
今まで見たこともない
植物がいっぱい咲いているんです。
こちらも
紫の独特な形をしていて
ピンクの花を咲かせます。
a0157135_191348.jpg

こちらは
ムラサキオモト
葉の表面は緑色
裏面は紫色をしていて
何とも変わった形の花を咲かせます。
a0157135_1922546.jpg

そんな南国の花を使って
お花を生けてみました。
う〜ん、なかなか
奥が深くて
でも、すごく楽しい!
a0157135_1931030.jpg

実は、お花を少し
教えて頂いて
すっかりハマってしまいました。
a0157135_1935255.jpg

南国の花と葉が
私のハンドメイドに
潤いを与えてくれそうです。

きっかけを作ってくださった
先生に感謝でいっぱいです。


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
a0157135_19201892.jpg

個展に向けて
刺しゅうばかり
しています。

漢字を刺しゅう
するのは初めて。
単色で刺す
私だけの世界

ハンドメイド
始めましょう。
あなたの手で。
[PR]
by ogawaito | 2010-07-14 19:20

7

a0157135_16593019.jpg

つぎの刺しゅうに向かって
進んでいます。
七枚のバッグを作るのですが
いたって形はシンプル。

頑張りますね!


現在、ナイトキャップバッグが
ステキさNo.1になっています。

そして、ヘアピンが総合の6位!
みなさまのおかげです。

ガンバリマ〜ス。





ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
娘たちが前髪をピンで留めるようになった。
島では、なかなか可愛いのが揃わないので
以前、とても素敵な方から
プレゼントして頂いたビーズを見てみると
とっても可愛いのがあったので
作ることにしました。
a0157135_1301727.jpg

ヴィンテージのお花たち!
あ〜なんて可愛いのかしら?
キャンディみたいね。
食いしん坊の私は
食べたくなっちゃいます!
a0157135_1304579.jpg

一個二個と作り出すと
楽しくて止まりません!
a0157135_1311436.jpg

あっというまに
作り終えました!
a0157135_1321745.jpg

ちょうど、完成したら
お買い求めさせて頂いていた
東欧雑貨ICIRI PICIRIさんの
ネコの糸がトランシルヴァニアから
到着し、あまりの美しい発色に
一緒に写真を撮りました。
a0157135_1341125.jpg

この色
本当にキレイでしょ?
早く刺しゅうしたくなります。
a0157135_1362928.jpg

朝、保育園に行く娘に
『可愛いピンを作ってね』
と頼まれたので
どんなに喜ぶかしらと
お迎えの時間に保育園に行くと!!!
a0157135_1382559.jpg

娘の頭には
ネコが!!!
ふぅ〜この子供のセンスには
たまりません。
負けちゃいました。
かないませんね。
a0157135_1310255.jpg

ヴィンテージフラワーのヘアピンは
子供の可愛い花束
さぁ、あなたもハンドメイド始めましょう。
作り方をアトリエに投稿しました。

よろしければ、
ご覧くださいね。


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
今日はナイトキャップバッグのくわしいサイズを
お知らせしたいと思います。
実はカンタン!
私のこのバッグは直径75㎝の円なんです。
縫い代を付けてギャザーを寄せます。
口部の生地は縦が3.5㎝横が68㎝(裁つときは縫い代を付けて)
持ち手は縦が5㎝横が58㎝(こちらはこのサイズが断ち切り)
お好みで持ちやすいサイズに変えてくださっても
楽しいですね。
a0157135_13392787.jpg

実はサンプルの黒は使っているのですが
たくさん入ることに驚きます。
そして、入れるものによって
形を変える。
絵本をいれてみましょう。
a0157135_1344869.jpg

絵本を入れると
ペタンコの感じになって
お花の見える部分が増えて
良い感じです。
a0157135_1452312.jpg

小さな子供さんがおられる方には
ママバッグとしても重宝します。
私も四人の子供の母ですが
小さな間ってオムツとかタオルとか大変。
時には、お気に入りのぬいぐるみを持っていくことも
あるでしょう。
a0157135_1473455.jpg

でも、このナイトキャップバッグなら
大丈夫。
一泊の旅行も出来そうな感じ。
ふくらみを帯びると
バッグの印象も変わります。
a0157135_1494930.jpg

そして、私のように
たっぷり荷物を入れる方も
ご安心を!
実は、このサンプルバッグに
いつも2m近いヴィンテージファブリック
裁縫道具、刺繍糸を
入れ込んでいましたが
思いのほか形を丸くして
入るんですよ。
a0157135_1412939.jpg

入れれば、入れるだけ
刺しゅうは見えなくなるけれど
でも、形が変わっていく。
毎日が楽しくなります。ね!
a0157135_14365856.jpg

そして、今回、
私のバッグを引き立ててくれた
このレースと
カリモクの椅子。
レース編みは私が高校のときの課題で
編んだものです。約25年も前になってしまった!!
縦約90センチ 横約120センチの
大型です。

そして、このカリモクの椅子は
マイハズバンドの亡きお父様が
お店をしておられた時に使っておられた
貴重な椅子。
私のバッグを最高に
引き立ててくれました。

さぁ、ハンドメイド
はじめましょう。
あなたのその手で。

ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
by ogawaito | 2010-07-04 14:42 | 新作
a0157135_1326144.jpg


私たちが子供の頃
テレビの中で
子供たちが眠りにつく前に
可愛いギャザーの寄った帽子をかぶって
いるのを見ていました。
長い髪がまとわりつかないように
寒さ防止のために
ナイトキャップはそんなことも
忘れるくらい
ステキな夜の夢の中へ
お出かけできる必須アイテムでした。
そんな思いを込めて
ナイトキャップみたいなバッグを作りました。
この黒いタイプのものは
サンプルで作ったものでした。
a0157135_13292018.jpg

サンプルは
実は、もう約二年前に完成していました。
ちょうど、そのあと、
東欧雑貨ICIRI PICIRIさんに
アトリエに投稿する私を
見つけていただきました。
そして、この黒い方のバッグは
初めてお会いした日に
お見せしたバッグのうちのひとつでもありました。
そのあと、、京都から喜界島へ引っ越し
私はどうしても
個展にむけて、このバッグを作りたかった。
そして、完成したのが
こちらの方なんですね。
もちろん、表地に使う生地は
すべて遠くトランシルバニアから運ばれる
最高にドキドキする
ヴィンテージファブリック。
a0157135_1441296.jpg

サンプルの黒とは違い
個展用の上のバッグは
私の個性をむき出しにしたような感じになりました。
贅沢にヴィンテージファブリックの大きな花をカットし
刺しゅうを加えました。
そこへインパクトの強いプリントを
合わせました。
a0157135_14434337.jpg

持ち手の部分ですが
どうしてもバッグの口部の裁断の上側を
輪にしたかったので
持ち手はミシンで押さえることにしました。
いろんな手法があるのですが
特にここ最近の私は
ハンドメイドの良さを伝えたい思いで縫っています。
そう、それもホームメイドの質感が残るもの。。。
それを伝えたい。
だから、金具のついた持ち手は使いません。
だって、いきなり、そんなこと
難しいでしょう?
でも、何かを足すことで
ホームメイドの良さはアップするのです。
a0157135_14565248.jpg

こうして目立つステッチを
隠すことも可能なんです。
あなたのアイディアと
あなたの手で。。。
a0157135_1503771.jpg

実は、この刺しゅうは
最初から見えないことを分かって
刺しゅうしました。
決して、バッグで持っていては
底の刺しゅうが見えることは
少ないのです。
a0157135_1562749.jpg

でも、あえて
見えないオシャレを
演出したかった。
見えない部分を贅沢に。。。
a0157135_157288.jpg

バッグの底を
誰かに見せたくなるような、、、
そんな気の利いたセンスのバッグを作りたかった。
そして、もうひとつのポイントは!!
a0157135_1594843.jpg

ほら!バッグを裏返して!
リバーシブルにした時、
お花が咲いたようになるんです。
でも、このお花も
決して誰にも見えることはない。
贅沢なオシャレ。。。
着物のような見えないオシャレ。。。

さぁ、ハンドメイド始めましょう!
あなたの手は魔法の手。
誰だって始められるんです。

さぁ、今日はこの辺りで、、、
また,明日は詳しい寸法などを
お伝えしますね!


ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)


twelveseventeen with POP LIFE



喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)


mix1217with喜界島


[PR]
by ogawaito | 2010-07-03 15:15 | 新作
←menu