<   2011年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

早いもので2011年の大晦日になりました。
朝の6時過ぎに目覚め
干し椎茸を戻したり
洗濯をしたりしながら書いています。

今年は私にとって
ハンドメイドでは大きな一歩を踏み出す事が出来ました。
それはエキサイトの
みんなで作る手芸やハンドメイド作品、雑貨の作り方ポータル
『アトリエ』で
発行された
『手作りのとっておき布こもの』出版社:ブティック社
に掲載していただいた事でした。
a0157135_8363248.jpg


このことで沢山の方と
お知り合いになれた事
本当に感謝の気持ちで一杯です。

そして、忘れる事の決して出来ない
3月11日。。
大きな大きな地震は
想像もしない津波を起こし
東日本に大きな大きな爪痕を残してしまいました。
今もそれは消えてはいません。
私に出来ること、、、
そんなことが問われました。
それより、私は、
体も心も手も
すぐに動いていたのです。
じっとしている事が出来ませんでした。
a0157135_75354.jpg

石けんを使った
義援金針刺しは
たくさんの方のお手元に届き
私自身、この『こころのcandy』のおかげで
沢山の方が私のブログを見てくださっている事を
気付かせてくれました。
日本の各地から
『頑張りましょう』
『こうして初めて義援金に参加出来ました』
『発送はいつでも結構です』
そんな暖かなメッセージを
添えて、お買い物をしてくださった皆様
ブログでご紹介してくださった皆様
本当にありがとうございました。


そして
marumaruの型紙も
販売する事が出来ました。
手書きの型紙をお買い求めいただき
本当にありがとうございました。
出来上がったお写真を
メールで添付してくださったり
お客様のブログで
ご紹介くださったり
そして、この型紙は
海を越えてアメリカに2通も
届きました。
夢のようでした。


そして、夏、、、
いつもお世話になっている
二つのショップのオーナーでいらっしゃる
谷崎聖子さんの展示会が行われました。
『トランシルヴァニア手芸の旅へ』展
その名の通り
トランシルヴァニアの手芸のことだけでなく
谷崎さんの経験されたこれまでが
ぎゅっと濃縮された展示会だった事が
ブログ等を通して伝わってきました。


a0157135_718173.jpg

東京と大阪で行われた展示会。。
大阪の方でわたしの作品も
展示していただくお話をいただいたとき
すぐにお返事が出来ませんでした。
でも、こうして私などの作品も
一緒に並べていただいた事を
本当に光栄に思っております。
本当にありがとうございました。

そして、展示会の大成功
本当におめでとうございました。
a0157135_8324586.jpg

アトリエのこのページに載せていただくのも夢でした。

エキサイトブロガーハンドメイド作家特集 Vol.33

私は、主人と喜界島でお店を営みながら
四人の子育てをして
その時間の合間に
ハンドメイドをしています。
ですから、この小さな島から
ハンドメイドを発信出来る事が
本当に楽しみでありました。

アトリエには沢山のご褒美を頂いた気がします。
本当にエキサイトのアトリエの方にも
ありがとうございました。

そして、
わたしにはもう一つ
小さな小さな世界が生まれました。
a0157135_8423094.jpg

あなたとわたしで作るブローチ
『you & me』
刺繍とビーズで繰り広げる
わたしの小さな世界。

このきっかけを作ってくださったのも
彼女でした。
ブローチ
a0157135_8461851.jpg

すてきなカティおばあちゃんの作る
ブローチはまさに
手仕事の醍醐味でした。
裏側のブローチのピンを留めた
おばあちゃんの針と糸のあと。。。
それは、デパートで売っているものとは
違います。
だけど、これほど
美しい手仕事のぬくもりを
伝えたものはありませんでした。
そして、
それを手にし
わたしのブローチは
生まれました。

そして、それはあらたに
次のステップに。。。
進化をしています。
それは年明けに。。。


ブログを通して
ショップを通して
ご縁を頂いた
皆様に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
こころのcandyでは
いち早く、ご紹介くださった
イラストレーターのNさま
ありがとうございました。
その他にも数えきれないご紹介を
ありがとうございました。
本当にそれを支えにここまで
頑張る事が出来ました。
来年もまた
不定期ですが
わたしなりのペースで
ドキッとするものを
お届け出来たらと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


こうして振り返ると
沢山の実りをいただいた一年でした。

本当に
ありがとうございました。

また、
いろんな外国にお住まいの
日本の女性の皆様との出会い
本当に夢を見るようでした。
アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、、、
沢山の交流を持たせていただいた事
本当に感謝しております。

ショップやブログを通じて
ご縁を頂いたお客様。
ご旅行のお土産を送ってくださったり
ステキなお手紙は私のオアシスでした。
そして、
ハンドメイドのバッグをプレゼントしてくださったお客様は
開店当初からのお客様でした。いつも大事にハンドメイドのものを入れて
お店にいっております。
そして、
展示会のお祝いにと
高価な漆使いの日傘をプレゼントしてくださったお客様
本当にご褒美でした。。。
また、ブログでご紹介させてください。

そして、
石けんのご寄付をくださった
メダカさま。
沢山の石けんは皆様のお手元に、。。
被災地の皆さんに。。。
沢山のヘアピンは、いつも私の髪に。。。
本当にいつもステキなお写真をありがとうございました。

最後に
ハンドメイドだけではなく
公私ともにお世話になった
谷崎聖子さんに
心より感謝しております。
東欧雑貨ICIRI PICIRI
FOLK ART Transylvania
a0157135_9525315.jpg

そして
喜界島で暮らす
私を支えてくれる家族に感謝して。。。

そして、そんな私を
故郷の京都から応援してくれる友へ
感謝を込めて。。。


ステキな2011年をありがとうございました。
どうぞ、みなさま良いお年を。。。

twelveseventeen
南 博美
[PR]
by ogawaito | 2011-12-31 09:54 | わたし
早いもので12月28日の朝です。

なかなかハンドメイドブログには
来れないくらい
忙しかったです、、、

そうそう、クリスマスの日に
すてきなメールが届いたのです。

marumaruの型紙を
お買い求めくださっていたお客様から
仕上がった作品を
送ってくださっていたのです。
a0157135_7341290.jpg

この花柄!素敵!
裏地の小花との組み合わせも
バッチリで
『洋裁初心者で初の大物を作らせていただきますね』
とご自身でおっしゃっておられましたが
すごく素敵に出来上がっていて
初心者さんとは思えないです!
本当にステキなクリスマスプレゼントでした。。。
あらためて、本当にありがとうございました!

marumaruの型紙は実は結構大きくて
生地もたっぷり使います。
ですから、縫いにくくなかったか
しかも手書きですから
大丈夫かしら?と販売当初は
心配でしたが
こうして、作品画像を送っていただき
本当に有り難い気持ちでいっぱいです。。。
型紙も残り33枚。
marumaruの型紙は
あなたの手に渡って
あなたの作りたいバッグの可能性を
引き出します。
色の組み合わせ
柄の組み合わせ
作る人の個性が現れます。

優しい感じ。
可愛い感じ。
ドキッとする感じ。
穏やかな感じ。
あなたの好きな『感じ』が
作れるような気がします。
この『感じ』って大切な気がします。
自分の中の自分らしさ
同じ型紙を使っているのに
仕上がりは
こんなにも違う。

あなたも作ってみませんか?
モダンあずま袋『marumaru』

型紙のお買い求めはこちら。
こちらも一枚につき
30円を東日本大震災に
寄付として預からせていただき
まとめて寄付をさせていただきます。
twelveseventeen

さぁ、今日も忙しくなりそう。
まずは子供たちのお昼ご飯を作ってきますね!
年の瀬です。
どうぞ、寒さが増しますので
お体、お気をつけてください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
クリックお願いいたします。



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)

twelveseventeen with POP LIFE


喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)

mix1217with喜界島

[PR]
a0157135_9321570.jpg

現在、お買い求めいただいているお客様をのぞき

年内のお買い求めの発送は12月27日(火)までとなります。
お急ぎの場合は12月26日までにお振込をお願いいたします。

年始は1月4日からとなります。

ショップは24時間お買い求めが出来ますが
メールでのお返事や発送等は
12月28日(水)から
1月3日(火)まで
お休みとなります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


a0157135_9351328.jpg

twelveseventeen



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
クリックお願いいたします。



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)

twelveseventeen with POP LIFE


喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)

mix1217with喜界島

[PR]
最近、アレルギーが去ってくれたのか
体調が良くなってきて
毎晩ミシンを一時間前後踏んでいます。
楽しい時間です。

a0157135_935152.jpg

今朝も二点ですが
アップしました。

a0157135_9351328.jpg

twelveseventeen
でお会いしましょう。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
クリックお願いいたします。



ポップライフブログ(子育て&音楽&いろんなこといっぱい)

twelveseventeen with POP LIFE


喜界島ブログ(私の暮らす美しい喜界島の自然がいっぱい)

mix1217with喜界島

[PR]
a0157135_9414465.jpg

レコードバッグがそろっています。
どんどん増やして行こうと
毎夜頑張っています(笑)

画像が良くなくてごめんなさい。
今朝も撮り直しましたが、、、
携帯の高画質のカメラを愛用していましたが
携帯をやめるので
現在、デジカメとの戦い中。。。
ですので
お天気が良すぎても駄目だし難しいです。。
撮影部屋が欲しいです。
あとグレードアップしたカメラも、、、

twelveseventeen
でお会いしましょう。

Sサイズもあります。
シングルレコードのサイズですよ。
すべて、東欧雑貨ICIRI PICIRIさんの
ステキなヴィンテージファブリックを使用。
(画像がなかなかうまく行かず、本当にごめんなさい!!)
東日本大震災のために
生地をご寄付してくださっています。
販売価格の半額を
寄付させていただきます。
これから
まだまだ沢山のレコードバッグが並びますので
よろしくお願いいたします。

小学生にはA4ファイルがピタッと入ります。
オシャレなご入学のプレゼントにも素敵。
もちろん、乙女にも
オシャレなママにも
カワイイおばあちゃまにも
世代を超えて使っていただけます。

私も来年、小学一年生の娘と
五年生になる娘に
作りたいと思っています。

さぁ、今夜も頑張りますね!
では、行ってきます!
[PR]
先日もお話しさせていただきましたが
インターネットでショップを始めさせていただき
3年が過ぎました。
子育てをしながらなので
なかなかペースがつかめませんが
自分の出来る限りで
制作し、販売が出来たらと思っております。
a0157135_23124735.jpg

まずは、もう一度
改めてショップからのお知らせとお願いです。
私は奄美大島の北東に位置する
隆起珊瑚礁の島、『喜界島』で
暮らしながらハンドメイドをしています。

ここは船が日曜日と月曜日は来ません。
つまり、ショップの商品も
その日は送ることが出来ません。
それと、
それ以外の日でも
台風や波が高い時などは船が出ません。
もしかしたら、お買い求めいただいた日が
その日と重なれば
ご入金を頂いても
発送が遅れることがあることをご理解ください。
今年はなんと、一週間近く船がこない日もありました。
もちろん、島で生活する人も大変な苦労です。

そして、
なによりお話ししたいのは
現在はパソコンと携帯の両方で
できるだけ、そういったことをふまえて
ご連絡だけは、すぐにできるように
しましたが
来年度よりパソコンのみのご連絡となるため
こちらもADSLの送受信の状態がよくないと
すぐにご連絡が出来ないことがございます。
停電も起こると
ご連絡が遅くなることもあります。

ご注文いただきますと
自動配信メールがお手元に届きます。
そのあとに発送方法や送料をお書きしたメールを送りますが
そういったこともお待たせすることがございます。

同じ日本の中ですが
少し外国のようなイメージで
おつきあいをくださると嬉しいです。
喜界島という
遠い小さな島から
あなたのお手元に届くまでのお時間を
どうか、
外国から届く小包のように
感じていただけたら
ご心配やご迷惑をおかけするのも
改善出来るのではないかと
思っております。

a0157135_23272723.jpg

そして、
ショップでは
ヴィンテージファブリックを使用した物が
多いですが
ブラウザによっては色味が違うように
映りますが
どうぞ、ご理解いただけますように
お願いいたします。
こちらもショップでは全体に水色っぽく映ってしまいますが
白地に紺や水色などのお色です。
その他、ヴィンテージのため
生地のコンディションもまちまちです。
同じサイズの物でもお値段が違ったりします。
コンディションなどや色目も
ご不明な点は、いつでも
お問い合わせやブログのコメント欄を
ご利用ください。

そして。
ハンドメイド製品のため
既製品としてのきっちりとした物を
お求めの方は
先にお問い合わせをお願いいたします。
私の物作りは
『おかあさんのつくったもの』
をイメージしています。
持ち手の四つ折りも
正確に計って折りません。
生地のご機嫌をうかがいながら
四つ折りにして縫います。
そんな、手作り感が漂う作品です。
きっと、手に触れたときに
優しい何かを感じていただけたらと思います。

ご注文されたときに発送方法は
後ほどご連絡と出ますので
何か、発送方法にされたいものがありましたら
備考欄にお下記添えください。
ご入金は発送方法が決まってからお願いいたします。


では、喜界島から
あなたのお手元へ届くまでに
お時間がかかりますが
スローな島の生活の
香りも一緒に
お届け出来たらと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

twelveseventeen
でお会いしましょう。

レコードバッグをアップしました。
[PR]
a0157135_1226844.jpg

勢いたっぷりの
12月でしたが
かなりの
忙しい12月です。

やりたいこと
やらなくちゃいけないこと
体調の悪さ(アレルギー)

そんな何も進展していない私に
次々と
頭の中に浮かぶ
新しい作品群たち


刺繍をしていると
落ち着きます。
その穏やかな
空気感が
新しい作品を
浮かばせるのですが………


忙しい12月も
あと少し

皆さま
どうぞ 体調をこわされませんように。
[PR]
隆起珊瑚礁の楽園
喜界島へ越して
名前をtwelveseventeenに変えて
ハンドメイドショップを
オープンして今日で
3年が経ちました。

今年は特に
沢山のお客様に
ネットを通じて
お会いすることが出来て
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ショップの方では
二点ですが
カテゴリ『little bag』のバッグを
30%オフで
ご紹介しております。

a0157135_8431027.jpg

a0157135_8431378.jpg


不定期にしか
ショップの方は更新出来ませんが
四人の母であり
仕事を持ちながらの
ハンドメイド、、、
時間は少ないですが
一番輝ける時間を
少しでも大切に
また4周年に向けて
精進して行きますので
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


本当にお買い求めありがとうございました。

twelveseveneteen
[PR]
by ogawaito | 2011-12-17 08:45
a0157135_10283985.jpg

実は12月に入り
アレルギーが
ずっと続いていて
体調が思わしくありません。
自宅に帰り
用事を済ませたら
眠り込む日々が
ほとんど。
常に微熱があるような状態です。

昨夜は少しマシで
ミシンを踏みました。
バッグを三枚仕上げました。
こんなふうに元気だと
毎日三枚もバッグが仕上げられるんだと思いました。
アレルギーから
早く脱出したいです。

だけど、
そんな微熱のような体調の中でも
私の頭の中は
いつも新しいものを求めていて
型紙を何度も手直しして
生地にうつし裁断し
カロチャの花をバランスよく描き埋めて うなづく。

今日は
喜界島は
冷たい雨が降って
アレルギーが
私を襲うけど
私から生まれた
新しいアクセサリー作りに取りかかります。

私は
一人なんだけど
溢れるデザインと
反比例しています。

だけど、
刺繍は
私の安定剤。
きっと
アレルギーと
サヨナラできるんじゃないかしら?


今日も
私の少ないハンドメイドの時間を
精一杯楽しみます。

アレルギーなんで
会話もいつも以上に支離滅裂な気がしますが携帯から送信☆
[PR]
a0157135_13391442.jpg

いつから
このへらと
一緒に裁縫を
しているかしら?

高校の被服科を専攻し それから、ずっと一緒。
確か、私が名乗っいる『小川いと』こと祖母のもので象牙の滑らかな触り心地は 時には退屈な授業を落ち着かせてくれるものでした。

どちらかというと
和裁に使用していたんですが 今は私の裁縫箱の守り神のような存在です。

ちょうどワシントン条約で象牙の輸入が禁止された前後だったのか 母親に『ほんまもんの象牙やし、大事にしよし』そう言われていた。

大事にしたら 大事にしすぎて どこに入れたか分からなくなるときがあります。
二十歳を過ぎた頃、和裁どころか洋裁や手芸も自分の中の片隅においやった時、このへらをなくしてしまいました。
浴衣を縫うのに、探してもへらがないので 探しまくりました。結局、見つからず 手芸店でへらを新たに買いました。やはり、プラスチックのものしかなくて それをあっさり買い求め、浴衣の反物にへらをつけた時、衝撃が走りました。
使い慣れた象牙のへらと同じようにプラスチックのへらを使うと 印がつきすぎて、反物が切れそうになっていました。
それから 浴衣が仕上がったのか、私の中に記憶はないのですが
探しても見つからなかった祖母のへらは 知らない間に私の元へ戻ってきてくれてました。

もう、使うことはあまりないのですが、大切なものだからこそ いつもそばに置いておきたい。大事に片付けたら無くしてしまう。


そう言えば
いつかしら
へらに『西村』と書いてあるのが気になっていた。
もしかしたら
祖母のものではないのかしら?
もしかしたら、
祖母の旧姓かしら?
そんな思いを巡らせながら、
裁縫箱の中に
眠るおばあちゃんのおへらを
久しぶりに
抱きしめた。


私の裁縫箱の守り神。
ほんまもんの象牙のおへらは いつか私の手を離れ 娘に……………
[PR]
←menu