「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

新しいネックレス作りで
けっこうあったビーズが
かなり減ってしまい
また、ビーズ探しの旅に
出ないといけません。
(と、言ってもインターネットの中でですが、、、)

しかも
新しいネックレスがストップしたので
また、
その先の新しいネックレスの編み込みを考えて
作っていたら
途中でビーズがなくなって
ストップ。。。
でも、これはまた
すごく可愛くて
家族も『これ!イイ!!』って
わたしもこれは数を作ろうかなと思うくらい
カワイイし
自分用も作りたい
常にネックレスをジャラジャラしていたい。
誰かに会うためではなく、、、
自分の生活のために、、、

わたしは
ロングネックレスか
首にピタッと来る
チョーカー的なサイズが好きで
なので、どうしても
ロング系をどんどん作ってしまいます。
あまりエンドパーツを使うのも
好きではなく
『首にかける』という
ネックレスが好きなのです。
春にはエンドパーツを付けて
首元を飾るネックレスも
作りたいですが
今は、ロングネックレスに夢中。

昔は着物を着て
家事や育児、仕事をしていたわけでしょ?
お袖もあるし
大変だったと思うんだけど
でも、だからこそ、
美しい仕草が
同時に身に付いていたんだと思う。
ロングネックレスひとつ
しながら仕事や家事をしていると
自分の動作がいかに
大雑把であるか
気付かされる。
ネックレスが揺れるたびに
自分が女性であること、、、
まるで着物の袂を押さえて
お酌をしたりする仕草、、
髪を結う仕草、、、
着物の裾の上前を押さえ
階段を上ったり、、、

ロングネックレスをしていると
そんなことが重なってきます。

ロングネックレスをしていると
『わたし、女性なんだ』って
とても心地よい風が吹くような
気持ちになります。

来月の更新では
そんなビーズを使った
ロングネックレスを
沢山ご紹介出来ればと思っております。
いつものシンプルなネックレスは
一重なのに多重感を醸し出してくれますし
今、取りかかっている最新作のビーズのネックレスは
テグスで編み込んでいくタイプのロングネックレス。
このひらめきは
嬉しかった!
様々な展開が出来そう〜〜〜

しかし、ビーズがなくなって
届くまでの時間の使い方はと言うと、、、
a0157135_8334377.jpg

あのお守りのシリーズの刺繍。。。
今日は、これを完成させて
最後の長男の分を完成させたら
11月の更新では
セミオーダー的に
販売が出来たらな〜と
頑張っております。
お子さんのお名前
大好きな人の名前
そして、
あなたのお名前
すべて、漢字でお入れします。
(もともとのお名前がひらがなやカタカナの方はそちらで)
小さな貝がらと珊瑚を入れた
珊瑚礁の海が
あなたをきっと守ってくれるそんな
お守りキーホルダー。。。

さて、今日は午後から
次男の入学前検診なんで
それまで頑張ります。

どうぞ、ステキな
10月最後の一日をお過ごしください。
[PR]
若いころは
真っ黒な服を好んで着ていた。
まるでいつも
喪に服しているような
そんな色の無い生活をしていた。

でも、
だからこそ
喜界島に来て
本当の色を知ったとき
わたしのすべては
変わった気がした。。。
a0157135_9125030.jpg

色が混ざり合う

赤も青も
黒も白も
メタリックも
緑も茶も

すべての
色が混ざり合う

a0157135_914982.jpg

そう、
全てを混ぜてしまおう。

もう、
ケンカをすることもない。

だって、
どれも仲良しなのだから。
a0157135_9152152.jpg

世界中の全ての色を
混ぜ合わせた
ビーズのネックレス。


次回の更新で
ショップに並びます。

作品は全てオリジナルです。
レシピ・写真・イラスト等の無断転用、
コピー及びホームページでの無断使用、
ならびに
作品及びデザインは個人的に楽しむ場合を除き、
無断で製作・商品化・販売を禁じさせていただきます。

[PR]
by ogawaito | 2012-10-30 09:20 | 新作
a0157135_90194.jpg

先日、図書館で
子供の本のところで
この本を見つけ
借りてきました。

いろんなの国の民族衣装を見るのが好きなんです。
a0157135_93775.jpg

どこに手芸店があるのでしょう?
どこにそんな生地が売っているのですか?
そんな問いかけをしたくなる程
オシャレな民族衣装は
わたしを引き寄せます。

a0157135_934730.jpg

自分たちで
織り、作られた衣装は
それはそれは
美しい色で
美しいデザインなのです。
a0157135_983849.jpg

織物を織って
それを売って
生活をする。
魚を捕ったり
花を売ったり、、
a0157135_993195.jpg

椅子を作る職人さんの
技術は素晴らしく
手斧だけで作られる。
寸法も測らずに
正確に作って行くその
職人技。。
a0157135_914549.jpg


溢れるピンクと赤やオレンジの
色の洪水は
どこから来るのですか?
どこで織って
どこで何で染めているのですか?
もし会えたなら
質問攻めにしてしまいそう。

a0157135_9144032.jpg

わたしも
島に来て
すぐに手に取ることが出来なくなりました。
手芸店もありませんし
最初は、それがすごく
辛かったのですが
でも、今は
ないところから
うまれくるものが
本当の発想だと思えてきたのです。

また、ネックレスを作っています。
まばゆいばかりの
ビーズのネックレス。
それはまるで
民族衣装からインスパイアされたかのようです。


とびきりのピンクと赤を添えて、、、、
[PR]
a0157135_1318012.jpg

こんにちは。
早いもので10月最後の日曜日。
運動会などで
あっという間の
10月でした。。。

台風でしまっておいた作業用テーブルを
マイハズバンドが出してくれていたので
今日は朝から、青空の下で
ビーズをしています。

a0157135_13203684.jpg

ちなみにわたしは
ビーズものを作るとき
全部の色を
左下に写っているピンクのトレイに
ごちゃまぜに出すんです。
そこから感じる何かを
組み合わせるんですが、、
どちらかというと
左端の写真はカットしてしまったくらい
見た目がオシャレではないです。。。
ビーズの数も増えて
この写真の軽く3倍になってきました。
嬉しい!!!
ビーズって、本当に楽しい〜〜〜


赤い丸い入れ物は
釣り用のものなんだけど
ここに入っているビーズは
わたしが幼少の頃から持っているビーズなんです。
今回は、そんな35年くらい前の
ビーズも入れての
ネックレスを作っております。

次回は、そんなネックレスの更新を
考えております。
目指せ!30個!(ほんまかいな?)

と、言うわけで
お昼ご飯を作る時に
夕ご飯の支度もしちゃったから
ギリギリまで
ビーズを楽しもうと思っています。

素敵な日曜日をお過ごしくださいね!
[PR]
a0157135_21321225.jpg

みんなが寝静まったから
そ〜っと
テレビを見ながら
ビーズをしてるの。

滅多にないことだから
すこしワクワクしてる。

ビーズって元気をくれる。
わたしに元気をくれるんです。。。
[PR]
こんにちは。
久しぶりのブログです。

今週は月曜日から
自宅を離れることが多く
なかなか、
このブログにまで到着出来ませんでした(笑)

また、明日からは島遊びと言って
集落の公民館に
皆さんが集まって
踊りや、こどもたちは相撲などが
行われます。
わたしの暮らす集落では
二日間、島遊びが行われます。
珍しいそうです。

今週は、
あせらず、ゆっくりしようかな。。。
a0157135_1532719.jpg

小さな刺繍も
次女の分が仕上がり
長女がまだか?まだか?と
自分の仕上がりを
楽しみにしてくれています。

週末は、あと長女と長男の刺繍だけなんで
それを仕上げて形に出来ればと思っています。
[PR]
a0157135_2152562.jpg

a0157135_21523848.jpg

a0157135_21521397.jpg

a0157135_21522100.jpg

a0157135_21513234.jpg

a0157135_21511128.jpg

a0157135_2150577.jpg

ショップに更新しました。
ぜひ、ご覧ください。


ハンドメイドとレトロ雑貨のお店
twelveseventeen
お会いしましょう。
[PR]

今日は
この歌からご紹介したいと思っています。
Bob marley &The Wailersで
『no woman no cry」

わたしにとって
音楽って
切り離せないもの。
特にティーンになった頃から
わたしは、
自分のラジカセをお年玉で買って
ますます
音楽にのめり込んで行きます。

あらゆる音楽を聴き
その中で好きなものを
わたしの耳で
わたしの心で
わたしの体で
感じとる。

ボブ・マーリーとの出会いは
早かった。まだ、15歳か、そんな頃。
いわゆる『レゲエ』と
いうジャンルだけど
ボブ・マーリーは
それを越えていた。
ドレッドの髪に憧れたし
それにハンサムでしょ?

特にこの曲は好きだった。
レゲエっていうと夏に聴くような
そんなイメージだけど
でも、わたしは逆なの。
こうした秋の始まりに
聴きたくなる。
ボブ・マーリーの歌声。
あの頃、まだ幼かった頃を思い出す。
そんな幼いわたしに
ラスタカラーを教えてくれたのは
やっぱり、ボブ・マーリーだった。

緑と赤で黄色をはさみ
周囲は黒で、、、
その色はヒンズー語で『道』と言う意味を表していて
それぞれに意味もある。
豊かな大地に戦いで流した鮮血
黄色は輝く太陽、黒は故郷アフリカ。。。
深いことはいろいろあるけれど
でも、
この曲を聴けば
全部分かるはずよ。

そんな秋の肌寒い夜に
バブ・マーリーを聴いたら
彼を表現したくなった。
a0157135_963995.jpg

わたしの作るラスタカラー
ボブ・マーリーが
まるで隣で歌ってくれているよう。
a0157135_973018.jpg

大人のラスタファリアンカラー

ブレスレットの始まりと終わりは
黒で
その中には輝くばかりの
赤と緑で
黄色だけは一種類にしたことが
ポイント

きっと、
だれもラスタカラーだって
気がつかないはず。
a0157135_99591.jpg

だけど、
もし、
『これ、ラスタファリアンカラーだよね』
そんな風に声をかけてもらったら
きっと、その人は
ボブ・マーリーかもしれない。
揺れるドレッドに
綺麗な横顔
きっと、その人を好きになるわ。

『ねぇ、ボブ・マーリーの曲を知っている?」

そんな恋がきっと始まる。

5連のブレスレット
勢揃いしました。
秋の夜の風に乗せて
この曲に思いを馳せながら、、、
[PR]
by ogawaito | 2012-10-20 09:15 | 新作
眠るのも忘れるくらい
大好きな人の
うれしい知らせを聞いたなら
自分のことのように
喜んでしまう。
a0157135_2303532.jpg

仕上がったばかりのブレスレットを持って
あなたのそばに走って行きたい、
a0157135_231895.jpg

ねえ、輝くビジューのカラフルなブレスレットを持っていくから
待っていてね。
a0157135_2315347.jpg

まもなく
ショップに並びます。

あなたにも
うれしいことが
ありますように。。。
[PR]
by ogawaito | 2012-10-19 23:03 | 新作
a0157135_11223250.jpg

この蓋付きのお茶碗
すてきでしょ?

ふとしたご縁で
私のところへやってきた
古い古い食器。
最近は、こうしたものを
大好きな私だから
食器の方が私を呼んでくれているのではないかと
思うくらいなのです。

お茶碗で蓋付き?!
それだけでも
時代を感じさせるでしょ?
ふたもピタッとしまうわけでなく
なんとなく閉まっている感じ。
でも、この絵柄も色もすごく好きで
少し調べたら
なんと、古伊万里のものであろうと
思いました。

a0157135_11265894.jpg

昭和レトロも好きですが
そのもっと昔のものも大好きなんです。
いわゆるアンティーク、、、骨董の世界も。。
それに魅せられたのは
まだ、二十歳を過ぎた頃。。
京都には骨董の素敵なお店が並ぶ通りなんかもあって
そこへ行ってみるのが好きでした。

と、言っても
まだ二十歳そこそこ、、
それこそ、フランクに入れるお店もあれば
どちらかと言うと
襟を正して、自分をしっかりと持って
敷居をまたがないと行けないお店もありましたが
そこへ一人で入って行くのが好きでした。

a0157135_1130125.jpg

日本の骨董の美しさは
わたしの心をわしづかみします。
色、文様、手触り、技術、、、
なにもかも
それは最先端の居間のものよりも
高度で繊細でアートなのです。

a0157135_11321749.jpg


見えないところにまで
気を配られていて
家で使用する食器は
どちらかというと
こうした日本のアンティークのものを
レトロなものや外国のものと
合わせて使用しています。

すごく馴染むんですよね。

a0157135_11344062.jpg

古い磁器の表面には
石のような粒々が残り
そこにも愛着が出ます。

また、少し遠ざかっていたけれど
最近、やっと一番下の子が
年長になって
こうしたものを使えるような
空間が出来てきました。。。
二年後に京都へ帰ったら
あの懐かしい骨董の通りへ
足を運びたいと思っています。
だって、もう、
心の中はウズウズしているんです。
今すぐにも骨董市に出かけたい気分。
a0157135_11365816.jpg

日本に生まれてきたのですから
外国の食器なども素敵ですが
日本のアンティークの食器に触れてみませんか?

その小さな世界に込められた
模様を感じとれたとき
それだけで心が潤います。

日本の美を決して
忘れてはいけないと思います。
a0157135_1141282.jpg

次回のショップの更新では
少し、アンティークと呼ぶと骨董の域に入ってしまうので
弦付きのお銚子に
盃などをリーズナブルに
レトロ雑貨として揃えております。


どうぞ、お楽しみに。。。

今日は私のお気に入りからのお話でした。。。
[PR]
←menu